人気ブログランキング |

える工房 日誌

leosol.exblog.jp
ブログトップ

『青龍』仕立ての際の『女将の手仕事』さんの想い

ようやく、無二の存在である
相棒の“ジェラシー”の火種は取りのぞけたかな?
d0165815_2285069.jpg

屋久島帰りのとんぼ玉たちの
〆を飾るは…『青龍』と名付けられた
える工房のプロフィール写真で
皆の心を鷲掴みしているあの見事な玉。

存在感は・・・流石!
一切の邪念をも寄せ付けない。
屋久島の太古の龍と繋がったこの玉、
更に深い見事な光を放ち
風格というのか、
紺碧の世界を悠々と舞う青龍の
荘厳な雰囲気がビンビン伝わってくる。

「心を整えよ。」

何度か試みるも、生半可な集中力では
寄せ付けない。
まるで私をお見通し?
己の内在神と向き合い、
完全に“無”の世界に…。

手を無心に動かしているのだが
上空で大きく旋回する龍の気配、
耳元では、龍神太鼓の音が鳴り響き、
大きな存在に背中を押されながら
瞑想行動の状態の中、
無事、創り生むことができました。

「あ〜!やっとできた〜‼︎」

感動と感謝が一度にやって来た。

青龍の玉の周囲に彩るたくさんの石は、
彼女の叡智であり、
溢れ続ける創造からの産物を意味します。

彼女が創り出すとんぼ玉は、
持ち主となった方々の魂霊となり
無邪気な輝きを守り続けてくれます。

それは・・・
創り出す彼女が依然として
ものづくりに対して、常に謙虚であり
火と向き合うと無意識に時空を越え
いろんなものと繋がり、無二の宇宙を生み出している。
多分、このことを本人に伝えても

「またまた〜ぁ。」と笑い飛ばされるのが
オチだが…笑

その、全くもって偉ぶることがなく
純粋に硝子が好きで、
感じるままに創り出す姿勢こそが
穢れのない玉を生み出せるのだと
私は思います。

機会があれば是非、彼女がこのネックレスを
身につけてニマニマしている様子を
見てあげてください♪
涼しい風が吹く頃には、ワークショップも
開催できそうですし〜(o^^o)v

彼女のジェラシーはおさまったが、
私のジェラシーは・・・(u_u)💧
日々、増す一方です‼︎
(紺屋の白袴)

『女将の手仕事』さんfaceページより。

「またまた~ぁ。」
褒めてもらうとうれしいはずかし・・・
by leosol | 2015-08-13 22:07 | とんぼ玉