える工房 日誌

leosol.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パンジャのお仕立て上がりの感想

お迎えした、『女将の手仕事』さんのブレスレット♪
d0165815_23232684.jpg

ピンク地に手鞠模様のとんぼ玉(える工房さんの作品)だけ選んで、
指に引っ掛けるタイプ
[パンジャ]っていうのをお願いしたんです♪

とんぼ玉さん、金属がお嫌いらしく、
チェーンではなく組み紐!留め金ではなく角!!

組み方や組み紐の長さにも意味が込められていて、
そのメッセージに、わぁ~ぉ!です!

白と紫を使う!とか、
金糸じゃなくて銀糸で!っていう御指定もあったとか・・・

もうね~、見た目が[シャン]なのはさることながら、
つけた時の安心感ったら!

江戸時代の旅人がつけてる[手甲]っぽくもあり、
ヒーローの変身ブレスっぽくもあり・・・
d0165815_23235563.jpg

d0165815_23241779.jpg

[護符]ですね。
アクセサリーの本来の役割。

このコつけていたら、どこへでも飛んでいける・・・そんな気がします。

      ↑
パンジャをお迎えくださった感想を、
facebookにUPしてくださいました。

『女将の手仕事』マジック!!
このお仕立てを見たとき、鳥肌が立ちました。
彼女は無限だ。 
そんな彼女にとんぼ玉を認められている。
自慢です♪
[PR]
by leosol | 2015-09-29 23:27 | とんぼ玉 | Comments(0)

砂曼荼羅アート & 味な大富おもてなし寿司膳

3月の初回から半年ぶりに
『寿司膳ランチ&砂曼荼羅』のワークショップに参加しました。
チベットの寺院で古くから儀式として行われる砂で描く曼陀羅を
私たち一人一人の内側と向き合えるワークに
作り変えた『ドラゴンフォレスト』さんのオリジナルです。

8月末から飛躍したことで
今回はどんな場が開かれるのかと
意気揚々と出かけました。

『味な大富』さんの寿司膳ランチ。
どこぞのつまみ寿司とはえらい違い!
(辛口失礼します。)
秋刀魚のなめろうに隠された懐かしい味。
へれカツ柔らか~~。
前日『味な大富』さんの卵焼き食べてみたいな~と
思っていたところ、出し巻きが出てきて、
ひっくり返りそうになりました。
ふっわふっわ~のアクセント、シャキ!が嬉しい。
無論!どれも絶品でした!!
d0165815_23553550.jpg

今回の曼荼羅ワークは瞑想から。
『魂再生の瞑想の中の
宇宙母性を受け入れる瞑想
一人一人が必要なエネルギーを
必ず持ち帰ってもらう瞑想です。
自分のものにしないと
意味がないのです!』~母龍facebookより
優しい音楽と母龍の語りで誘導~
心地良い子守唄の中、
両手からふんわり開放される丸いもの。
勾玉型やリングが浮遊していました。

心落ち着かせて曼荼羅と向き合う。
次々に浮かぶキーワード。
『丁寧に』が浮かびながらも
時間を気にして焦っていると
母龍が『仕上げなくても良いから。』と
囁いてくださって、もう一度気持ちを落ち着かせました。
一本背骨を通す。真っ直ぐ立つ。
強い気持ちを浅葱色=母が包む世界。
そしてそこから飛び出す朱=私。
d0165815_2356527.jpg


『空を残す。空を残し続け、永久に昇りつづける。』
とんぼ玉の世界に天辺という完成形を創らない。
読みとって頂いたメッセージ。

瞑想の時からモノトーンの世界。
白が『余白』
ありがとうございます。精進致します。

そして破断。砂の粒子を楽しみました。
最後は丸く寄せて。

d0165815_2357095.jpg

d0165815_23572117.jpg

『ここにいるぞ。』
応援してくれてることを感じた
風がにぎやかな充実のスペシャルな一日でした♪
[PR]
by leosol | 2015-09-26 11:51 | 日々 | Comments(0)

神様の賛辞

大役のご褒美を頂きに・・・

『すごいことが分かった。
陰陽五行を調べたら
五行すべて揃っている。
素晴らしいものを創ることが
できるのだから、驕ることなく
自信を持って、創ればよい。』

『阿吽の御霊』は護符としてお役目を
果たせているとの賛辞を頂きました。

すごい方から『すごい』を連呼され、
光栄の極みでした。
しかし褒められてどう受けるのが
正解なのでしょう?
謙虚のつもりが曖昧な感じになって

『すごい!』 と 『わかってるのかー!』の一喝
が続くのでした・・・
帰り際には『自身が護符だから・・・』などと
小さな目が飛び出そうに。

凄腕の寿司職人と『女将の手仕事』さんから
出逢いの時の喜びや
『前から言ってるやろ!すごいんやって!』

巫さんからは
『ご自分がそれだけのものを
生み出せるっていうのは、忘れないでね。』

恩師からは
温かい言葉と
『流されない。競わない。』
が添えられたメールを頂き、

母龍からは
『魂師』の称号を頂きました。

意識を持って、ここからは天命の腹括りです。
とんぼ玉を創る時、
『風で火を立ち昇らせるのは護摩焚きと同じ。』
と宮司がお話くださいました。

『古代玉の魂に響く・江戸の粋』
これからも純粋に火に向って創り続けます。

そして、『結師』の『女将の手仕事』さんが
あなたに添う護符となるよう丁寧に
仕立てます。
d0165815_028551.jpg

[PR]
by leosol | 2015-09-12 00:40 | とんぼ玉 | Comments(0)