える工房 日誌

leosol.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

阿吽の御霊~大役を賜りました。

『味な大富』さんと
『女将の手仕事』さんの結婚28周年の宴で
龍田大社を思って創ったとんぼ玉を
龍田大社の宮司にご覧頂きました。

そして大役を賜りました。
宮司が奉りごとの時にお付けになる
とんぼ玉を仕立てることとなりました。

緊張と不安と光栄と・・・それはそれは渦巻く感情。
決心できたのは神様の声を伝える
巫(かんなぎ)のSちゃんが
『何の肩書きもない私だけどね~でも覚悟せねば。』と
言った決心を聞き、
『女将の手仕事』さんの
『宮司が念を送るから素直に創ればいい。』
と言ってくれたから。
私は火に向かうだけだ!
d0165815_171743.jpg

俵か丸か・・・形に迷っていたら
『丸く!』と声が聞こえたので
宮司がおっしゃったと思って
返事代わりに振り向いて
微笑んだら宮司は咳き込んでらっしゃった・・・
(咳き込んだのを笑ったみたいになってしまったかも・・・)
という不思議体験をしつつ~

赤(誕生~赤ちゃん)
灰色(死~灰になる)で、
始まりと終わりの『阿吽』の表現を賜り
宮司の立会いの元
御霊(ミタマ)が生まれました。



そして明日、
『女将の手仕事』さんと
描かれた龍を立ち起こす如く、
廣澤徳三郎師の元へ
組紐の仕立ての打ち合わせに参ります。


貴重な大役を賜った、
全てのご縁に感謝しています。
[PR]
by leosol | 2015-08-31 00:39 | とんぼ玉 | Comments(0)

同窓会

先週、中学卒業35年。
生誕50周年を祝って同窓会がありました。

『初老の男子と
中学生に戻った女子』 by Oちゃん
上手く表現されたな~と思います。
「先生!?」と勘違いしそうな貫禄!?の
男子がちらほら~~~。

プロを経験して、アマチュア・
トレナーのママボクサー。
かわいい顔して、いかついヤンキーだったのが
いけのめだか!?風の愛嬌たっぷりの
おっちゃんになってたり・・・
大きいと思っていたはずが
小さくなった?男子とか。


残念ながら、年月がかかりすぎて
諸先生方の中には他界されていたり
ご足労頂けず会うことが出来ませんでした。

8クラス中の50人。
35年、それぞれの人生を歩んで、
再び集まることができたことは
楽しく嬉しいことですね。

幹事の皆さんに感謝です。
d0165815_23221652.jpg

[PR]
by leosol | 2015-08-23 23:25 | 日々 | Comments(0)

『青龍』仕立ての際の『女将の手仕事』さんの想い

ようやく、無二の存在である
相棒の“ジェラシー”の火種は取りのぞけたかな?
d0165815_2285069.jpg

屋久島帰りのとんぼ玉たちの
〆を飾るは…『青龍』と名付けられた
える工房のプロフィール写真で
皆の心を鷲掴みしているあの見事な玉。

存在感は・・・流石!
一切の邪念をも寄せ付けない。
屋久島の太古の龍と繋がったこの玉、
更に深い見事な光を放ち
風格というのか、
紺碧の世界を悠々と舞う青龍の
荘厳な雰囲気がビンビン伝わってくる。

「心を整えよ。」

何度か試みるも、生半可な集中力では
寄せ付けない。
まるで私をお見通し?
己の内在神と向き合い、
完全に“無”の世界に…。

手を無心に動かしているのだが
上空で大きく旋回する龍の気配、
耳元では、龍神太鼓の音が鳴り響き、
大きな存在に背中を押されながら
瞑想行動の状態の中、
無事、創り生むことができました。

「あ〜!やっとできた〜‼︎」

感動と感謝が一度にやって来た。

青龍の玉の周囲に彩るたくさんの石は、
彼女の叡智であり、
溢れ続ける創造からの産物を意味します。

彼女が創り出すとんぼ玉は、
持ち主となった方々の魂霊となり
無邪気な輝きを守り続けてくれます。

それは・・・
創り出す彼女が依然として
ものづくりに対して、常に謙虚であり
火と向き合うと無意識に時空を越え
いろんなものと繋がり、無二の宇宙を生み出している。
多分、このことを本人に伝えても

「またまた〜ぁ。」と笑い飛ばされるのが
オチだが…笑

その、全くもって偉ぶることがなく
純粋に硝子が好きで、
感じるままに創り出す姿勢こそが
穢れのない玉を生み出せるのだと
私は思います。

機会があれば是非、彼女がこのネックレスを
身につけてニマニマしている様子を
見てあげてください♪
涼しい風が吹く頃には、ワークショップも
開催できそうですし〜(o^^o)v

彼女のジェラシーはおさまったが、
私のジェラシーは・・・(u_u)??
日々、増す一方です‼︎
(紺屋の白袴)

『女将の手仕事』さんfaceページより。

「またまた~ぁ。」
褒めてもらうとうれしいはずかし・・・
[PR]
by leosol | 2015-08-13 22:07 | とんぼ玉 | Comments(0)

とんぼ玉『青龍』の仕立て

先月末。七福日。
干支のまわってこない大台になった。
今年は銀婚式を迎える。
そんな節目の年。

『青龍』と呼ばれているとんぼ玉を
『女将の手仕事』さんに仕立ててもらうことにした。

彼女の屋久島リトリートへ一緒に旅し、
泉に浸してくれた、とんぼ玉。
『屋久島の太古の龍と繋がった』と聞き、
どきどきでその時を待ちました。

d0165815_2212854.jpg

d0165815_2223619.jpg

d0165815_222582.jpg

d0165815_2243359.jpg

蓋を開けた瞬間「私のだー!」と思った。
すべて調和された威厳ある仕立てである。
受け取った私は臆することはなかった。
しっくりきたのは彼女のチューニングの成せる技。
大好きなちび玉、三日月模様の玉。
散りばめられた輝石。
どれも力強くそして、しなやかです。

そして『恐るるに足らず。』というメッセージ。

先日、同級生メンズと7年ぶりに語り合い、
『一人じゃない。』を再確認。
日々の生活しかり、
もの創りにおいて決して孤独を感じない。
それがどんなに希少価値であるか。
奇跡の出逢いに感謝です。

これからも魂に響く。江戸の粋。
そんなとんぼ玉を創ります。


追記*今だから言える内緒話。
以前『女将の手仕事』さんに
お客様のオーダーの仕立てを
見せてもらった際、自分のと勘違い。
「う~ん?なんか違う・・・」と違和感。
それもそのはず、私のではなかったのですから~
それくらいオーダーされた方に
ぴったりチューニングされる仕立てです。
[PR]
by leosol | 2015-08-12 22:21 | とんぼ玉 | Comments(0)

とんぼ玉にご神氣を

オーダーいただいております方々に
お見立てさせて頂いたとんぼ玉を持って
風神 龍田大社へ行って参りました。

拝殿に上がらせて頂き
しばらく、それぞれの玉と対話を…。

お仕立てに入る前に
風の神様のご神氣を頂戴し
真心込めてご祈願させて頂きました。

お一人お一人へ、風の神様からのメッセージも
お預かりいたしました。

ご依頼頂いている皆様、
どうぞ、たのしみにお待ちください。

「女将の手仕事」さんfaceページより~


とんぼ玉たちは、どのように仕立てられるのか・・・
オーダーされた方々にご愛用頂く日を想い・・・

興奮を抑えながら、
厳粛に拝殿に並んでいる姿は
七五三の時のわが子を見るようで
微笑ましくも頼もしい。


これからも、気を引き締めて
心を込めて火に向かいます。

d0165815_23491673.jpg

d0165815_23495148.jpg

[PR]
by leosol | 2015-08-10 00:09 | とんぼ玉 | Comments(0)