える工房 日誌

leosol.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「味な大富」さん in とんぼ玉ブレスレットのワークショップ

「味な大富」さんの
おもてなし寿司膳を頂き
わたくし「える工房」のとんぼ玉を使って
ブレスレットに仕立てるワークショップ。
本日第1回目、6名さまのご参加で開催しました。

皆さんそれぞれにお気に入りのとんぼ玉を
選んで頂き、
仕立てられた皆さんにお似合いの
世界で一つの素敵なブレスレットができました。

とんぼ玉を選ばれる時も、
仕立ての途中も、
出来上がった時も、
わくわく楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます。

次回は5月に開催予定です。
d0165815_23222655.jpg

[PR]
by leosol | 2015-03-29 23:28 | Comments(0)

長居公園桜ハーフマラソン

春めいた昨日の陽気。
快晴!!
奈良マラソン参加賞のTシャツを
ラン会メンバーの4人で着て遠足気分。
長居公園周回コースを8周する
ハーフマラソンに参加しました。

桜を眺めながらのfunラン。
満開や2分咲きの数種類の桜が
春を告げてくれていました。

結果は前回の記録を1分短縮。
平坦ばかりだったので比較できませんが
足を攣ることもなく、
楽しく走ることができました。
d0165815_2302119.jpg

d0165815_2305174.jpg

d0165815_2311452.jpg

[PR]
by leosol | 2015-03-29 23:08 | トレッキング・ランニング | Comments(0)

交通安全のお願い。

火曜日の帰宅時、前の車が後輪を縁石に乗り上げた。
慌てて、ハンドルを切りすぎたのだろう
前輪も縁石に激突して、車は跳ねて何かが飛んだ。
進行方向を90度に曲げて反対車線を横切って止まった。

ボー然。

おじさんが走って来て安否を確認。
運転席の女性が窓を開けて『大丈夫です。』
怪我はないとほっとした。
余りの驚きに大丈夫なら良かった。とその場を去った。
しばらくして、「大丈夫じゃないやん?あれー?」
左前輪は破裂しているようだった。
煙も少し上がっていた。

その場に残るべきだった。
目の前で起こったことが
映画を観ているような非日常だった。
冷静に判断する力がなくなることにも
驚いた。

亡き父の教えで車間距離を大きめにとるのが幸いした。
その30分ほど前に路肩で軽く脱輪して、
「危ないー!気をつけよう。」と思ったところだった。

困った時に助けてもらったことがある。
自分も手助けができれば。と思っていたが・・・
軽くパニックを起こしていたのだから
邪魔なだけだったかも・・・。

大きな怪我がなくて幸い。
安全運転を。
[PR]
by leosol | 2015-03-26 22:34 | Comments(0)

砂曼荼羅アート & 味な大富おもてなし寿司膳

12日木曜日、『味な大富』さんで
寿司膳のランチを頂いた後、
砂曼荼羅のワークショップを体験しました。
チベットの寺院で古くから儀式として行われる砂で描く曼陀羅を
私たち一人一人の内側と向き合えるワークに
作り変えた『ドラゴンフォレスト』さんのオリジナルです。

お誘い頂いてから随分悩みました・・・
私のような陰の要素(いじわる)を隠し?持つ者が
参加して場の波動を乱さないだろうか?などと・・・
しかし、とんぼ玉が結んでくれたご縁もあり、
マラソン完走の良い精神状態でもあったので
参加させて頂きました。

食事前に講義。
『人は陰の部分があっても良い。』と
説法される方の自己紹介で「お~~!」と感動し、
『悪口言った後に笑って終われば良い。』に
ふっと気持ちが軽くなり。
2012年から私の気持ちも
大きく変化したことに当てはまり
気持ちがざわついたり・・・
d0165815_1412946.jpg

美食にほっこり満たされいよいよ砂曼荼羅へ。
砂の粒子や混ざる色が美しい。
描きながらいろんなキーワードがよぎって
3時間集中。あっという間でした。
「上手く描けなかった~」と思っていたら
お一人の方が
『角をきっちり出したかったのに上手く出なかった。』
先生
『そんなの指でペン!ってやればいいのよ~』との返答。
『思うようにできなくて諦められるのが砂の良い所。』
枠に収まろうとしなくて良い。に気持ちが緩みました。

途中先生が私のとんぼ玉で
『女将の手仕事』さんにブレスレットをオーダーされました。
今自分が描いている色と同じだったこと。
私のとんぼ玉は技術的に優れたものでは
ないというコンプレックスも超越したところで、
とんぼ玉に偶然描かれたメッセージを
読み取って頂いたことに
とっても嬉しくて、照れを隠して
とっても失礼なリアクションをしてしまいました・・・
どんなブレスレットに変身するか楽しみにしています。

さて・・・描いた砂曼荼羅から読み取られた、
先生から頂いたメッセージ
『すばらしい、こだわりのちがいを信頼して伸ばしてあげて!』
『枠の中にいたい気持ちと、飛びだしたい気持ちで思考中』
そうなのよね~。
ヒエラルキーで、もがく話も最近よくしていたことなのです。

身軽になれた。と実感しました。
仕事では愛のある、鞭をふります(?)
固定観念を振り払って、
参加して良かったです。また、砂と戯れたいな。
d0165815_13374977.jpg

d0165815_13382597.jpg

d0165815_13384373.jpg

[PR]
by leosol | 2015-03-15 14:09 | 日々 | Comments(0)

名古屋ウィメンズマラソン2015・3・8

雲一つない快晴の朝。
名古屋の予想気温は17度。
前日に名古屋入りして受付へ。
当日は5時起床7時過ぎに名古屋ドームへ。

スタートを待ちながら、
ステージではタレントさん紹介
メイJの国歌斉唱、準備体操でエアロビをしてくれた。
その間、夫のGPS時計が使いこなせず
ボランティアの青年たちに「どうにかして~」と困らせ、
目の前の同型をお持ちの方に気付き
レクチャー頂き・・・
それでもストップウォッチの機能が出ず、
「ペースが分かれば良いか~」と落ち着く。
待ち時間があっという間に過ぎ
スタートの号砲が鳴った。カラフルな群集が波打つ。

ビルの谷間の大通りを駆け抜ける。
強い日差しにすぐ汗が出て、顔は塩が浮いていた。
ころもち、ういろう、パンなどのエイドもおいしい。

『マラソンは自分との戦い。』と言われるが
孤独感を感じることなく
一緒に練習するランナーの先輩方、
応援してくれる友人、家族
みんなが背中を押してくれて
前に進めると感じることができる。
時折吹く風が心地よく、気持ちよく走ることができた。

『30KMまでは我慢して、その後は多少無理しても。』
朝、夫がLINEでアドバイス。
35KM過ぎて「もしかしたら5時間切れる?」と
思い、最後は小学生のマラソン大会並みの
ダッシュをしてゴール~

結果・・・ネット5時間2分8秒
時計を使いこなせていたらもっと早く調整できたか・・・
諦めてゆっくり走っていたか・・・
先輩ランナーさんから
『トイレロスがもったいないから
トイレトレーニングしようね。』と。
教訓:
トイレはコンビニではなく仮設の方が
回転が良い。

完走メダル代わりのティファニーペンダント。
タオル・T シャツが勲章~
楽しい大会でした。
d0165815_23115679.jpg

d0165815_23291829.jpg

d0165815_23201795.jpg

[PR]
by leosol | 2015-03-12 23:32 | トレッキング・ランニング | Comments(0)