える工房 日誌

leosol.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々( 234 )

新嘗祭

d0165815_15433279.jpg
11月23日 新嘗祭。
稲穂の国の始まりに由来する
日本の重要な祭りです。
天皇陛下がその年の新穀を天神地祇に捧げ、
天照大神とともに、食され収穫に感謝する。
これ以後新米を食するのが習わしだそうです。

諸説いろんな方がブログで解説されています。
なぜ、『勤労感謝の日』が前にでるのか。

勤労感謝の日はハッピーマンデーにならない訳など・・・

d0165815_15441461.jpg
いい歳になって初めての参列、
喧騒から離れ、粛々と脈々と
穏やかな朝陽に包まれて斎行されました。

d0165815_15445382.jpg
d0165815_15452618.jpg
d0165815_15455770.jpg


[PR]
by leosol | 2017-11-23 15:48 | 日々 | Comments(0)

富山旅行 3 日枝神社参拝

土地神様にご挨拶。
日枝神社さんへ。
山王さんと地元で親しまれる町中の神社です。

ご祭神は
ものつくりが盛んな職人の町ならではの
工匠の手置帆負神(たおきほおいのかみ)さま
大神神社のご祭神の別名三輪のお山の中腹の磐座に鎮まられる
大己貴神[おおなむちのかみ]さま
【大神神社のご祭神の大物主は大国主神の別名としており、
大神神社の由緒では、大国主神が自らの和魂を大物主神として祀ったとある。
大神神社HPより】

三末社には
稲荷社[いなりしゃ]
御祭神 倉稲魂命[うかのみたまのみこと】さま
水天宮[すいてんぐう]
御祭神 安徳天皇[あんとくてんのう】さま
春日社[かすがしゃ]
御祭神 天児屋根命[あめのこやねのみこと】さま

とご縁を感じる神々・・・


安産犬の石像に 愛犬ナツメのご懐妊とその安産を念じ・・・

心地よい風を感じてまいりました。
d0165815_14421310.jpg

d0165815_14423550.jpg

富山は乗る人が少なくとも構わず?
路面電車とバスが多く
ホテルのロビーにもガラスの作品が並ぶ、
芸術と美食の街でした。(グルメレポートはなし)

d0165815_14440727.jpg

d0165815_14443933.jpg

d0165815_14451793.jpg

[PR]
by leosol | 2017-10-21 15:31 | 日々 | Comments(0)

富山旅行 2  世界一美しいスタバ

世界一美しい と話題のスタバ。
何故か遠回りして夜散歩。
富山駅の地下通路を帰りに知りました・・・

富山環水公園の中にあるスタバ。
ビルや雑踏から隔離され
水辺にライトアップされ浮かび上がる。
そのロケーション含めて美しいと賞賛されているのね。
d0165815_13293008.jpg

d0165815_13273697.jpg

d0165815_13280496.jpg

d0165815_13284304.jpg

d0165815_13290451.jpg
昼は芝生でゆっくり過ごす人も多いらしい。
のんびり時間が流れる空間。

スタバは夜21時過ぎてもいっぱいでした。

[PR]
by leosol | 2017-10-21 14:50 | 日々 | Comments(0)

富山旅行 1  ガラスの聖地へ

とんぼ玉を創りはじめた頃、検索して見つけた
『富山ガラス造形研究所』
ガラス職人を育てる専門学校です。
d0165815_13073133.jpg
美味しいものを食べに行こう!が
ずっと引っかかていたガラスの聖地に
行くことに。

初の吹きガラス体験。
まさに体験!
二人の学生さんが丁寧に
手際よく進めてくれて楽しかった。
ゆっくり冷ますために一週間後に届く。
最初のイメージ画通りで愛おしい。
d0165815_13080623.jpg

d0165815_13084312.jpg

d0165815_13091437.jpg
市街地から距離が離れているので戸惑ったが
行く価値あり、体験する価値ありでした。
どこでも吹きガラスは体験できるけれど、
制限広くデザインさせてくれる。
ってのがよかった。
d0165815_13093877.jpg
学生さんの手火傷が
ガラスの扱いの難しさを物語る。
二人とも素敵な作家さんになるのだろうな~。






[PR]
by leosol | 2017-10-21 14:47 | 日々 | Comments(0)

家族が増えました、(わんこ)

黒柴 ナツメ 3歳。
2回の交配にご懐妊ならず、
8月24日、
新しいわんこを迎えることに。

ナツメの性格を理解してくださって
すすめて頂いたのが
マルチーズ。
犬種よりも、相性重視で家族に
迎えることに。
6ヶ月ということで、ワクチンも3回終了。
ナツメのお下がりがそのまま使える。
トイレもちゃんとできる。


初日、『何々ー⁉︎』から飛びつきそうに
なりながら、『なんだこれ⁉︎』と引くナツメ。
娘の陰に隠れて動かなくなった。
マルチーズ スバルは微動だにせず。
スバルはすぐに2階へ。階段気になるナツメ。

2日目、遠巻きに物陰に隠れて敬遠する2匹。

3日目、スバルのサークルを1階へ。
慣れてはしゃぐスバル。
相変わらず距離をあけるナツメ。
夜ナツメは部屋から出て玄関先で寝てました。

ナツメの水飲み、トイレを使用。
ナツメますます不機嫌?
母に張り付く。

明日から2匹での留守番。
スバルはサークルの中だけど、
わんこルームで大丈夫かな?

スバル 1.65キロ ナツメ10キロ。
2匹の2ショットが撮れるのはいつだろう。
d0165815_08560114.jpg
d0165815_08561639.jpg
d0165815_08563516.jpg
d0165815_08570449.jpg

[PR]
by leosol | 2017-08-27 08:39 | 日々 | Comments(0)

風の吹くまま

人生で一番といえるかも
いろんなことがあった盆休み。

大台ケ原で時空を越えて
とんぼ玉つくって
お腹ぐりぐりカメラ通されて
悶絶して
風鈴まつり、
音霊に平和の祈りをのせて
輪切りの画像撮られて
膨大なうねりを泳ぎ
追い風に帆をあげ
陰の同調から陽の調和へ
数年ぶりにわが子(とんぼ玉)
みんな里帰りして顔を揃え
無心の草刈りに汗流し
愛犬ご懐妊ならず
2匹目のわんこを迎えることになり

自然は偉大
身体は資本

風の吹くまま
上昇気流に乗って
すべて感謝への導き

ありがとう

この歳になっても
成長したな〜〜と
しみじみな10日間。

ランさぼってたし、
今晩仕上げに走るかな。
d0165815_17154904.jpg
d0165815_17161678.jpg
d0165815_17171301.jpg
d0165815_17175472.jpg
d0165815_17182818.jpg

[PR]
by leosol | 2017-08-20 17:14 | 日々 | Comments(0)

龍田大社 風鎮大祭

大祭は風しずめの祭りとされ、古く675年には国の祭りとして
行われていたと、日本書紀に記されているそうです。

行事は祭日1週間前から前日までの、1日2度の御饌祭(みけさい)に始まり、
結願日(けちがんび)である7日目に風鎮大祭が行われます。
祭典後には、剱舞や民踊などの神賑奉納行事が行われ、
火のごちそうである「風神花火」をお供えし風鎮大祭の締めくくりとなります。
翌日風の神様の御降臨地とされる飛地境内地『御座峰(ござがみね)』において、
風鎮大祭の無事斎行を奉告するお祭りをもって風鎮大祭一連の祭典が終了となります。
http://tatsutataisha.jp/gyouji.php より。

7月2日、3日と参列させて頂きました。
暑さの中、厳粛に執り行われる祭事。
時より吹く風に、ありがたさを感じます。
あたりまえがあたりまえに過ぎるありがたさ。

午後にはお神楽奉納、居合剣詩舞道奉納、風神太鼓奉納、河内音頭と続きます。
河内音頭に参加しました。
いろんな型があるようでわかる踊りの型になったのは最後でした・・・
来年は予習しておこう。
そして、今年も風神花火、手筒花火を持たせて頂き、
とりを務めさせて頂きました。三人で姿勢を正しく胸を張っていこうね。と。
見事、真っ直ぐ上がった花火。自画自賛です。
そしてクライマックスの仕掛け花火。
迫力の花火、煙が横になびく様子は龍のようでした。

会話での気付きや、その後の一週間。
目まぐるしい感情の波を超え、
少しばかり成長を実感。

あるがままに。
d0165815_22173454.jpg
d0165815_22241100.png
d0165815_22255605.png
d0165815_22274769.jpg

[PR]
by leosol | 2017-07-09 23:36 | 日々 | Comments(0)

今年の漢字

今年の漢字は『清』 ですね。

龍田大社さんとのご縁で
『龍仁清』 たまき と命名頂き、
〔清龍塾)でお勉強させて頂き、
清掃奉仕をさせて頂いた。

龍穴神社。
お伊勢詣、熊野詣。
厳島神社。
十数年ぶりの車窓の富士山。

龍田大社さんの
風鎮大祭、風鈴祭り、秋祭りに参列。
大神神社さんの太鼓台を
担がせて頂いた。


澱みを感じた時に
自問自答して
風の流れを感じる。

清らかな心で
火に向かう。

d0165815_23464981.jpg

d0165815_23480166.jpg

d0165815_23484255.jpg
d0165815_23500042.jpg


[PR]
by leosol | 2016-12-14 23:31 | 日々 | Comments(0)

大神神社〜秋の大神祭

大神神社の秋の大祭、
太鼓台の巡行に参加してきました。

26年住んでいて、初めてのことです。
青年団の太鼓台と一緒に
ギャル神輿、子ども会の太鼓台が
三輪町を歩きます。
d0165815_19195345.jpg
担ぐ前、途中、宮入り後の直会でも
とにかく、ご神酒を頂きました。
酒好きは集まるもので
すぐに打ち解けて、乾杯が
繰り広げられ。
そして、シャキッと、
太鼓台を持ち上げます。
d0165815_19202603.jpg
日本の収穫祭。
感謝の大切なお祭り。
テレビで観るだけではわからない、
人との繋がりや、 
太鼓の音の中に
日本人の遺伝子に組み込まれた
風土や風習を感じるのでした。
d0165815_19213057.jpg
d0165815_19222717.jpg
三輪さんの参道を太鼓台を
担いで宮入り。
とても、楽しい、
良い経験になりました。
d0165815_19224760.jpg



[PR]
by leosol | 2016-10-24 18:54 | 日々 | Comments(0)

お伊勢さんへ

小学校の修学旅行以来、うん十年。
修学旅行が伊勢という時点で年代がわかる・・・

月明かりの中、真夜中出発!
d0165815_15115463.jpg


二見浦よりご来光待ち。
到着時は赤く染まり始めた海面。
すぐに薄暗くなり、太陽は雲間へ。
d0165815_1514932.jpg


雲の筋の間から顔を見せてくれました。
鳥居に鳥が止まり、なんともありがたい光景~。
神様が鳥になって願いを聞きにやってこられるそうな、
その時に止まるのが鳥居なのです。
d0165815_15155077.jpg

d0165815_151686.jpg


外宮~猿田彦さん~内宮へと。
鳥居をくぐると空気が変わる、樹木に守られている空間。
白木の凛としたお社はとても清々しかった。
唯一触って良いとされる大木。
『どくっ』と脈打ってらっしゃいました。
d0165815_152018.jpg

d0165815_15201971.jpg

内宮の拝殿前で手を合わせた際に、
御帳(みとばり)がふわ~と上がりました。
これからの使命・・・を感じつつ感謝を述べました。
その後拝殿内は風が吹き御帳はふわふわ~。
風の使者たちのお参りを喜んで頂けたかと思います。
御厩で神馬にも会えました。
子どもたちにはとても優しい目を向けて
なにやら語っているかのようでした。
d0165815_1520399.jpg


ご近所の方が散歩をされながら
橋前の柱の意味や、お参りのことを教えてくださいました。
私も地元でそんな風に何げな~く
声をかけられることができたらと思いました。


おかげ横丁でお腹も満たし。
大好きな人たちと過ごした貴重な一日でした。
[PR]
by leosol | 2016-07-23 15:50 | 日々 | Comments(0)